トイレ修理のお役立ち情報

トイレトラブルの修理で困ったら

トイレタンク修理にかかる時間と料金相場

トイレタンク修理の時間と料金 トイレのタンクの中でも手洗い付きタイプは一般的なものですが、寺井付きの場合の修理は最初に止水栓を閉じてから蓋を開けるのをお勧めします。仮に、止水栓を閉じずに蓋を開けると、水が勢いよく噴出してしまい、トイレ内部が水浸しになる恐れがあるので注意が必要です。
手洗い付きタンク内部には、水を供給するための仕組みと、溜めた水を便器に送り込むための仕組みがあります。給水管からの水は、浮き球が弁を開いて給水し、給水を止める時にも浮き球が弁を閉じる構造になっています。浮き球は水面に浮かんでいるボール球で、水位が下がると弁を開き、水位が元の状態に戻ると弁を閉じる役割をもっています。
また、便器への水の供給は、フロートバルブを開いて行われる事になりますが、フロートバルブはチェーンでレバーと繋がっているので、レバーを回す事でフロートバルブが開き、水を供給する仕組みになっています。
タンクが原因でのトイレトラブル修理は、止水栓を閉じる、内部の水を便器に送り込んでから、内部の部品を交換するなどで比較的短時間で作業が出来ますし、料金についても部品交換費用や出張費用などで、事前に見積もりを作成してくれるので安心です。

トイレタンクの水が溜まらないときは修理に出そう

トイレタンクの水が溜まらないときは修理に出そう トイレのタンクにいつまでも水が溜まらないという症状が発生することがあります。水洗トイレが普及するようになってから、最もリーズナブルで設置が容易であるタンク式のトイレは、一般家庭に広く普及しておりますので、そのようなトラブルの発生も大変多く見られるようになっています。
タンクレス式ではそのようなタンクに関するトラブルが発生しませんが、タンク式の場合には可動部分の劣化が発生しやすいので、注意が必要です。
最も一般的な例が、タンク内の浮き球の動きが悪くなっている例です。旧来の方式ではタンクに水が溜まることで浮き球が動き水の流れが止まりますが、異物が挟まることや可動部分の破損などでその機能が損なわれてしまいます。この症状は修理によって元通りになります。
また、最近は機械制御のトイレも増えてきております。そのような場合には修理に時間がかかる場合もあります。いずれの場合にも異常を感じたら早めに修理を依頼しましょう。


Copyright © 2017 トイレ修理のお役立ち情報 all rights reserved.