トイレ修理のお役立ち情報

業者に依頼せずに修理する方法

業者に依頼せずに修理する方法

業者に依頼せずに修理する方法 トイレの詰まりが生じた際に業者を呼ぶのが一番早いでしょうが、修理代金が高くつきます。
広告等でお値打ちな料金体制であっても、実際の作業では追加料金を求められることが多く、30000円~50000円することもあるでしょう。
トイレの詰まりはトラップ部分で起こります。
トラップは水が溜まる構造となっており、下水管からの臭いの逆流を防ぐ目的であり、また、異物をトラップで食い止める目的もあります。
許容を超えた流動物がここを通ると、トラップ部分で引っ掛かりが出来ます。
詰り解消のために、まずは、洗浄剤トイレクリーナーを使用します。
時間の経過で流れることがありますが、これで流れない場合はトラップ洗浄用のブラシを使用して詰りを解消させます。
ホームセンターの水回り用品売り場で詰り解消グッズが販売しています。
高圧洗浄機の先端ホースを排水口専用ノズルに取り換えて詰まった部分に挿入すると簡単に詰りの解消が可能でしょう。

トイレの修理に必要な道具

トイレの修理に必要な道具 トイレの修理は、簡単なものであれば、自分で行うこともできます。
トイレの修理の際に必要な道具は、特殊なものはほとんどなく、日頃から自宅にあるもので利用できます。
まずは、バケツです。
排水のトラブルや、水漏れの際には、バケツで被害が広がるのを防ぐことができます。
他にも、雑巾やタオル類も必要です。
ラバーカップやトングなどがあると、さらに便利でしょう。
衛生面を考えて、ゴム手袋をして作業を行いましょう。
不調の原因や症状によっても、修理の方法が異なりますが、いつもよりも水の流れが弱かったり、たまっている水の水位が高いなどの場合には、排水の不良が原因の可能性があります。
水垢や汚れが原因の場合には、クリーナーや重曹などを使って汚れを落としていきましょう。
小さな子供などが、溶けないものを流してしまっている場合などには、専門業者による除去が必要となります。
マンションなどでは被害が大きくなってしまう可能性もあるので、早めに専門業者へ相談しましょう。


Copyright © 2017 トイレ修理のお役立ち情報 all rights reserved.